【フォートナイト】意外と重要?!ピースコントロールトンネル練習の意味を考えてみる。

フォートナイト
スポンサーリンク

以前、紹介したレイダーさんの最新ピースコントロール練習マップ。

【フォトナ神マップ】レイダーの最新マップがやばい…誰でも猛者になれるやんw【RAIDER’S MECHANICS TRSINING V2】

ここを紹介した時、ピースコントロールトンネルの練習

「正直、練習になるかどうか分からないのでスルー」

みたいな発言をしていました。申し訳ありません。

これ、めっちゃ練習になります。

自分が考えたり、気づいたことを書いていきます。

ピースコントロールトンネルが練習になる理由その1 プロが実戦を想定して作成してある

このマップを作成したのは、Raider464

編集最速、2キー編集を世に出した一線で活躍する海外の有名選手です。

ピースコントロールトンネルも意味があって作成されています。

全部で11パターンのトンネルがあるのですが、実戦で必要な建築パターンがギュッと凝縮されています。

ここを通ることで、自然と実戦で勝てる動きが出来るように作られているんですね。

実際にここで練習した後、マッチに参戦すると建築編集のスピードが全然違います。

指を慣らすという意味でも、一日の初めのウォーミングアップに良いですね。

ピースコントロールトンネルが練習になる理由その2 同じ練習パターンを無限に繰り返し出来る

この意味は単純なんですけど、ちょっと奥が深い。

フォートナイトが上手くなるってどういうことか?って話になるんですけど、それが【パターン化】だと思うんです。

人間って同じ動きをずっと繰り返し続けていると、自然と『スピード』を求めてきて、なにも考えなくとも最短建築、最短編集をするようになる。

『効率化』が自然に徹底されるわけです。

で、実戦でなにが一番重要かというと、正しい建築編集パターンを、いかに速くやるか。それだけ。

それを最短で上達出来るわけですね。

ピースコントロールトンネルが練習になる理由その3 なんにも考えなくても上達する

コレも意外と重要w 

人間って集中力が落ちると動きが雑になってしまいがちですが、考えることが少ないとそれを防止することが出来ます。

このピースコントロールマップを繰り返しやっている間に考えることは2つ。

①建築をなるべく詰める

②スピードを上げる(走りながら駆け抜けるのが理想)

単純ですよね。ほとんど考えなくてもいい。

これだけで、実戦におけるピースコントロールが上達するわけです。

体にひたすらパターンを覚えさせるって感じですね。

走り抜けるスピードが落ちてきたら雑になっているということなので、スピードを落として効率の良い視点移動を気にするとか、自分の意識で改善することが出来ます。

ピースコントロールトンネルが練習になる理由その4 最短建築、最短編集出来るようになる

前に書いたことと被りますねwでも重要なのでもう一度書きます。

ぶっちゃけコレが全てだと思います。

フォートナイトって建築バトルになったら、相手よりいかに速く建築を置くかってことが勝敗を分けます。

建築するスピード、キャラコンで走り抜けることが出来る最短編集力。一番大切なこの2つを同時に練習出来るってわけですね。

とにかくやりながらスピードを上げることに集中して下さい。

スピードを上げるためには、

・事前に建築を置かなければいけない(遠くに設置できる『屋根』を先に置くとか)

・最短の視点移動を心がける(最短編集する)

・最短のキャラコンで移動する

を自然と考えるはずです。

特に屋根を置くのが速くなりますね。屋根は他のピースよりも1.5倍の距離を置けるし、敵の動きを制限出来るので、実戦で敵を囲みたい!って人には最適な練習かと。

最初はゆっくりと正しい動きを認識しながらやって、後はその動きをひたすら速くしていく感じですね。

以上、ピースコントロールトンネル練習をする意味を自分なりに考えて書いてみました。

「この練習をすれば、実戦で強くなれる理由がある!」

って意味を分かっているだけで、練習の集中力が変わってくるので、是非これらのことを意識して練習してみて下さい。

自分も全部のパターンを走り抜けれるぐらいは練習したいと思います!

考えず自然と出来るようになれば、実戦では敵の動きの方に意識を集中出来ますしね。

それではまた!

コメント

  1. […] 【フォートナイト】意外と重要?!ピースコントロールトンネル練習の意味を考えてみる。 […]

タイトルとURLをコピーしました