【三菱UFJ確定拠出年金】2022年8月に運用商品を見直してみた!おすすめ銘柄はコレ一択です。

お金について
スポンサーリンク

ある日、1通のはがきが三菱UFJから送られてきた。

どうやら確定拠出年金の運用が決まっていないお金があるとのこと。

以前変えた気がするんですが…

放っておくと勝手に商品を選択されてしまうようです。

放っておくと、三菱UFJの都合の良い(運用率悪いのに手数料が高い)商品にされても敵わないので、すぐに変えてみました。

どんな商品を選択すればいいのか分からない人の参考になればと。

それではどうぞ。

結論→【DC年金インデックスファンド(先進国株式)】が正解。

コレ一択ですね。

定期預金に入れっぱなしの人や他の商品買ってる人はすぐに変更することをおすすめします。

理由を書いていきます。

実は【MSCI-KOKUSAI】の後継商品

三菱UFJでどの商品を変えばいいんだろう?って検索した人が一度は見る商品、【MSCI-KOKUSAI】。

過去にいろんなブログで紹介されているけど、

「2022年8月現在にこの商品ないやん!」

ってなった人も多いハズ。

実際、自分もかなり迷った。(上の画像はだいたい目星をつけた商品にレ点打ってるところ)

自分もよく分からなくて調べたんだけど、過去ブログでは見つからなかったんですよね。

で、現在の商品を【運用商品お助けBOX】で調べたんだけど…

この図をパット見ただけで、この商品しかないってのが分かるw

上がり方もトップだし、手数料もこの中では最安値。

さらに単品でこの商品をぼっていくと…

ベンチマークのところに【MSCI-KOKUSAI】の文字がw

あー分かりづらいですね…一々名前を変えられると迷ってしまう人が多いと思うのですが…

こうやってよく分かってない人に高手数料の商品も選ばせようという算段なのでしょうか?(-_-;)

以下、この商品を選んだ基本的な基準を書いていきます。

定期預金は?(元本保証型)

安定はしていますが、単純に利回りが低いので却下。

世界経済は安定して4%前後の成長率なので、それ以下の利回りの商品を買う理由はないです。

投資信託は信託報酬率が0.3%を超えるものは買わない

0.3%以上は取られすぎです。この数字は単純に運用会社の儲けですね。

世のインデックス型投資信託では0.1%の商品がゴロゴロしているというのに。

…とはいっても三菱UFJの商品ではそんな優良な商品は選択出来ません…0.3%以下なら妥協出来るレベルです。

アクティブかパッシブどちらを選ぶ?

パッシブ一択で。

これは俗にいうインデックス型のこと。

手数料が安く、大きな指標で運用するので安定して利益が出ます。

アクティブ型は当たる時はドーンと増えますが、もちろんドーンと下がる時もあり。そして手数料が高い。

長期投資が基本の確定拠出年金はパッシブ型しかありませんね。

日本か全世界型(アメリカ)かどっち?

まあ、わかりますよね。全世界型(アメリカ)が堅いです。

日本は長期高齢化で人口が減るのは確定してます。ということは消費も下がる。

成長率に期待できないので、右肩上がり(長期的)に成長しているアメリカ中心か全世界型の商品を選択です。

債権か株式か金か?

株式です。長期では株式の方が拡大していきます。

ジェレミーシーゲル
出典:ジェレミーシーゲル「株式投資」

上記のグラフで一目瞭然ですね。

金は安定していますが、投資で買う商品ではないです。(手元に確実な資産を残したいなら現物買いましょうw)

まとめ【DC年金インデックスファンド(先進国株式)】買っとけばOK。

と、上記の理由で【DC年金インデックスファンド(先進国株式)】を買っとけば大丈夫。

全振りでもいいですが、分散したいなーという方は同じ外国株式の

【DC新興国株式インデックスファンド】あたりを少し買っておくのがいいかと。

自分はこんな感じで変更しました。

ただ、手数料もちょっと高めですし、8:2か9:1ぐらいの割合かな。こちらはお好みで。

とりあえず自分は、運用商品預替と運用割合変更で両方とも変更しました。

コレで放置ですね。

後日、ちゃんと買えているかログインして確かめねば。

どちらにしろ、年に一度は確認も兼ねて見直しも大事ですね。

今回は2022年8月現在の確定拠出年金のおすすめ商品を調べてみました。

同じく迷った方の参考になれば幸いです。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました