動画を効率よく早く終わらす手順とは?ゼロ秒思考43日目。

ゼロ秒思考トレーニング
スポンサーリンク

おはようございます。

昨日子供が夜更かししてる!って思ったら、今日は休日なんですね…w

子供と過ごせる時間(主に一緒にゲームだけどw)が増えるのは良いことなのですが、嫁さんとの時間が減ったり、子供に怒っている嫁さんを見るのはちょっと辛いですw

お昼ぐらいは二人で出かけたい。いや、出かけますw

「ゼロ秒思考トレーニング」 43日目スタート!

昨日の休日のプランを正確に実行してみる

30分ゼロ秒トレーニング。1時間記事づくり。1時間動画編集。子供とゲーム2時間。嫁と食事3時間。子供と遊び2時間。ブログ30分。食事1時間。ブログ30分。入浴1時間。嫁との時間2時間。動画編集1時間。就寝みたいな感じ。

いや、こんな適当な予定を考えていて思ったんだけど、何かをやるためには何かの時間を削らなければならないんだなあと。ホント、無駄な時間なんてない。仕事に使っている時間とポテンシャルをブログと家族に回したいw

動画編集を効率よく早く終わらせる手順

分業を行う。カット、テロップつけ、効果音つけ、トランジション、を別々に作業する。

まずはカット、その他の項目の二つに分けて行う。

ショートカットキーを駆使する。極力マウスに触れない様、キーボードのみで作業を完結するようにする。

カットを行う時は、音声の波形でざっくり、とにかくスピーディーに行う。後から修正は可能。

基本的にしゃべってない所は、見どころなんて特にないし、(しいて言うなら真剣になってる戦闘中くらい?それもほとんどない)つまらなそうな所、ボソボソしゃべっている様な所は思い切って切り捨てる。尺をなるべく短くする。細かくカットして飽きさせない。

テロップと効果音、曲をよく使うものを「パワービン」にセットする。すぐに取り出して後は文字をいれるだけ。っていう風にするのが良い。

自分がどれだけ、効率よく、速く編集するか、常に考えるのが大事。

以上のことから、本日行うべき事。

ゼロ秒思考トレーニング43日目。

記事作成、マイクラのコマンドブロックの件。

フォートナイト動画をアップ。

本日はここまで。

「ゼロ秒思考トレーニング」とは?

赤羽雄二さんが提案する「ゼロ秒思考 頭が良くなる世界一シンプルなトレーニング」。

毎日10分のトレーニングを続けることで、頭の回転が速くなり、瞬時に物事を判断、次の行動を判断することが出来るようになる。

ゼロ秒とは、 すなわち、瞬時に現状を認識し、瞬時に課題を整理し、瞬時に解決策を考え、瞬時にどう動くべきか意思決定できることだ。迷っている時間はゼロ、思い悩んでいる時間はゼロとなる。

文字通り瞬時にできることが多いが、もう少し時間がかかる場合もある。それでも、従来に比べて驚くほどのスピードアップとなる。

今、目の前で何が起きているのか、どういう現象なのか、一瞬のうちに判断し、判断したら次の瞬間に進むべき道を複数考え、長所短所の比較をし、即座に方針を決定できるようになる。

出典:赤羽雄二(2013)「ゼロ秒思考トレーニング」

どんな難しそうに見える問題があっても、一瞬でその現状を把握し、本質を見抜き、解決策を見出すことが出来るようになる。

判断が早くなることで、行動がどんどん早くなり、思考もまとまり、いろんなことがうまく回るようになる。

それを実際に鍛えるためのトレーニングが、ゼロ秒思考の「A4メモ書き」。

「メモ書き」は、こわばった頭をほぐす格好の柔軟体操であり、頭を鍛える手軽な練習方法だ。

頭に浮かぶ疑問、アイデアを即座に書き留める、頭がどんどん動くようになり、気持ちも整理されるようになる。自意識にとらわれ悩むことがなくなっていく。

「メモ書き」により、誰でも、この境地にかなり早く到達できる。自分でも驚くほど頭の回転が速くなる。

具体的には、A4用紙を横置きにし、1件1ページで、1ページに4-6行、各行20字-30字、1ページを1分以内、毎日10ページ書く。したがって、毎日10分だけメモを書く。

出典:赤羽雄二(2013)「ゼロ秒思考トレーニング」

というわけで、頭の回転を速くする+ブログの毎日更新を両立出来る「ゼロ秒トレーニング」。

継続チャレンジ中。

ゼロ秒トレーニングと本日の感想

今はブログのネタに困ることはなくなってきたけど、やっぱり時間はないよねw

時間がないからこそ、収益につながる記事を集中して書いてく方がいいに決まっているんだろうけど、収益が出る記事って、自分の心が動かないネタの場合が多い。そうなると、指が止まってしまって、どうにも言葉が出てこない。

そういう意味で、自分が必要として買った商品のレビュー記事はスラスラ書けるし、読者の役に立つ記事になってんだよね…

大体必要とされている記事ってのは分かって来たので、やれる範囲でコツコツと積み上げていきます。

それではまた!

動画編集を外注している方へ。修正依頼が簡単なストレージサービス「AKAPON」。

動画編集を外注することで自分の時間を確保するはずなのに、編集指示に時間を取られていませんか?

「AKAPON」なら外注先の編集者を増やすのもメール一本。動画をオンライン上で確認しながら、画面上に修正コメント指示をしていくだけ。

複数人での動画編集作業に最適。会員登録をしなくても、無料でお試しすることが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました