終末時計が20秒縮んで残り100秒…意味はあるのか?世間の反応は?

ニュース・報道
スポンサーリンク

こんにちは!

「世界終末時計」って知ってますか?

自分はニュースになるまで知りませんでしたw

どうやらこの世界の終わりをカウントダウンするこの時計。

二つの理由でさらに縮まったことが発表されました。

「世界終末時計って本当に意味があるのか?世間のみんなの反応は?」

が気になったので調べてみました。

それではどうぞ!

そもそも世界終末時計ってなに?

詳しく知りたい方はwikiをご覧ください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/世界終末時計

簡単にまとめると、

1947年が始まり。アメリカの科学誌の表紙絵として始まって、今でも新年号の表紙を飾っているらしい。

その科学誌が定期的に委員会を設けて「時刻」の修正を行っていて、人類滅亡の危険性が高まれば分針は進められ、逆に危険性が下がれば分針が戻される。

冷戦など核兵器からの脅威から始まったこの時計。いまや気候変動、環境破壊、生命科学の負の側面などいろいろと考慮するものが増えて、針の動きが決定されているとのこと。

これまでもっとも分針が進んだのは、イランとアメリカの関係が悪化し核戦争の危険性が高まった2020年の100秒前、もっとも分針が戻ったのはソ連崩壊により冷戦が終結した1991年の17分前。

「終末時計」は行ってみれば、『原子力科学者会報』を作っている人たちが勝手に作ってる、世界滅亡への警告って感じですね。

今回、「世界終末時計」が100秒に縮んだ理由

一つ目の理由。核の問題。

アメリカのイラン各合意の離脱、アメリカとロシアのミサイル条約の全廃破棄といった内容。

核戦争の脅威はいつの時代になっても常に叫ばれているね。

二つ目の理由。地球温暖化。

これもまた地球に(人が)住んでいる限り、永遠の問題。

アメリカでもトランプ氏とグレタ氏がバトルしているけど、デモとかで一般の環境破壊の認知度はかなり上がってる。でも実際の所、国として具体的な行動を起こせてないってことが理由らしい。

「世界終末時計」残り時間100秒に対する世間の反応

日本人のクールな反応

大々的に発表される「世界終末時計」だけど、世間の反応は冷ややかw

・終末時計と世界の美女ランキングはあてにならない

・こんな発表をやっていられるだけ、平和だと言える。

・キューバ危機は反映してないとか…結局、ボタン押される時には、この時計いじってる暇ねえw

・逆に、「人類の危機はなくなったので終末時計廃止します!」とか言い出したらガチにヤバい時だと思ってる。

・本当に人類が滅亡したときは0に変える人いないよね?

・ビジュアルを変えたらちょっとは信用する。


ネタにしてしまう日本人w

・俺の終末時計を見せてやる!

・終末時計ってこれのことかな?

・終末は来てほしいけど、週末はいつでも来てほしい…w

・100秒じゃカップ麺作れないけど?あと80秒増やしてくれ。


で?結局この「世界終末時計」って意味があるのか?

正直、みんなの反応を見る限りでは、政治パフォーマンスの一環にしか見えない所は仕方がない所だとは思う。実際その側面の方が強いだろうしねw

数字の根拠もないし、作っている人達の考え方ひとつで簡単に変わってしまう。

ただ、キャスターの柴田阿弥さんが小さいころ(世界終末時計を)見た時に、

「残り数分くらいのレベルで世界は危機的な状況なんだ!」

と感じたんだそう。

ただ単に「世界は危機的状況に陥ってますよ!」って叫ばれるよりは、数字を出して具体例に出された方が人間の記憶にも残るし、分かりやすいって話。

たしかにこれだけ話題になってる時点で、世間にインパクトを与えているし、記憶に残っちゃったのは確か。まんまと乗せられてるって感じかなw

世界中の人の記憶にちょっとでも入り込めば、さらに真剣に考えてくれる人が現れれば、たしかに変化はあるかもしれない。

世界終末時計の世間の反応 まとめ

・世界終末時計はアメリカの学術誌が発表している。意外と具体的な根拠がない数字。

・日本人の反応は非常にクール。もしくは、笑いに変えてしまうw

・これだけ話題になって、人の記憶に入り込んでいる時点で、この世界終末時計は成功していると思う。

・危機的状況だよ!って数字で示して、それを理解してくれる人が増えれば、この時計は意味がある。

いかがでしたでしょうか?

ちょっと疑問に思ったので調べてみたら、面白ツイートが多くて笑ってしまいましたw

こういう日本人が大好きですw

世界終末時計を発表している人たちも、笑いのネタを提供していると思えば、やわらかい目で見ることが出来るかもw

それではまた!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました