子供の時にやりたかったこと。大人になってやりたい事。について考えた。ゼロ秒思考19日目。

ゼロ秒思考トレーニング
スポンサーリンク

おはようございます。

今日も早朝から考えるよ!

「ゼロ秒思考トレーニング」 19日目スタート!

今日やるべきこと。

家族で出かけるのかブログと動画編集するのか子供とゲームするのか。

時間配分を考えるのか出かけることで一日使うのか。

今の自分は溜まった課題を消化したい。しかし、家族との時間も大切。

嫁さんとの時間を削っているような気がする。朝の早起きの時間はマジで貴重。

朝と昼の時間として分ける。嫁と親とのごたごたを避けるように気を配る。

子供の興味を引くようにする。

やることを考えたり、しなければいけないことって結局同じ件

ゼロ秒思考で書いている事って、大体同じになる。

それは、自分で最優先でやらなければならないことが無意識下では理解しているから。

それでも、自分の欲に負けて、時間を無駄にしてしまうことがちょくちょくある。

人はそれを息抜きと呼ぶけど、本当にその時間は必要か?

ゲーム実況を続けていきたい件について

ゲーム実況は実況者が飽和状態だというけれど、自分が実況を上げる事で誰かの需要はあるのか?

自分が楽しいからやっているのではないのか?

もちろんそれもある。ゲーム実況自体が配信者が楽しんでないと、視聴者もつまらないってのもある。

自分が楽しむ事前提で、人に見てもらうになどのようにすればよいのか、正しい手順を踏むべき。

目的を忘れないようにする。自分の動画を見てもらってなんぼ。

動画投稿の目的

収益を上げるという面は絶対。

それは自分の時間と家族の時間確保、やりがいのある仕事の確保、両方の面で。

自由に世界を飛び回りたいという願望もある。

その為に、人に見てもらう動画を作る必要がある。

その為に、人の関連動画欄に乗れるようにする。

その為に、サムネを興味を持ってもらい、クリックしてもらう必要がある。

その為に、自分の独自性、世界観を出した動画を作る必要がある。

その為に、ジャンルを考える。

動画ジャンルについて。他人にまねできない自分だけのなにかはあるのか?

自分の人生において人と違うところは?

ゲームが得意?空想が得意?物語を作れる?

自分だけの物語を作成する。どうやって?

小説?漫画?動画にするのに手っ取り早い方法はある?

自分にあるもの。今の家族、仕事、ゲーム、ブログ、動画投稿、動画編集。

子供のころやりたかったことはなに?

ゲームの作成者になりたかった?

作成者?ゲームをしていればいい?ゲームをやっているとき何が楽しかった?

新しい世界、自分の知らない世界を回るのが好きだった。

新しい人間、その人の生い立ち、好きなキャラとのコミュニケーションが好きだった。

モンスターと戦うことが好きだった。レベルを上げて倒せなかった敵を倒すことで、自分が成長しているのを実感するのが好きだった。

大人になってそこまでゲームに熱中することが出来なくなったのは、しょせんゲームの中での成長であって、現実の自分が何も変わっていないのが嫌になったから。

じゃあ、大人になってなにがしたいの?

自分の物語を作りたい。それは空想の物語でもいいけど、やっぱり自分自身の人生のストーリー。

その為には自分で考えて、自分だけのレールを自分で引く必要がある。

会社に属しているということは、それだけで自分のレール、時間を無駄にしているということ。

自分の人生を歩むには、フリーになるか、会社を立ち上げるしかない。

会社という概念も国に搾取される立場なのかもしれないけど、少なくとも自分のやりたい事を自分主導で出来るのは重要。

具体的にじゃあどんなことをして独立したいの?

ブログ、動画実況を通して、自分のワールドを確立したい。

実際の世界を見たい。それをもとに物語を作りたい。

動画を通してでもいいし、ゲームにしてもいい。小説にしてもいいけど、動画の方が伝わりやすい。バーチャルの世界を作ってもいい。

そういう意味ではマインクラフトのようなサンドボックスゲームは夢があるなあ。

以上の思考から、本日優先してやるべきこと。

ゼロ秒思考トレーニング19日目。

ブログ更新、動画配信。まずは先立つものがないとね(´;ω;`)

本日はここまで。

「ゼロ秒思考トレーニング」とは?

赤羽雄二さんが提案する「ゼロ秒思考 頭が良くなる世界一シンプルなトレーニング」。

毎日10分のトレーニングを続けることで、頭の回転が速くなり、瞬時に物事を判断、次の行動を判断することが出来るようになる。

ゼロ秒とは、 すなわち、瞬時に現状を認識し、瞬時に課題を整理し、瞬時に解決策を考え、瞬時にどう動くべきか意思決定できることだ。迷っている時間はゼロ、思い悩んでいる時間はゼロとなる。

文字通り瞬時にできることが多いが、もう少し時間がかかる場合もある。それでも、従来に比べて驚くほどのスピードアップとなる。

今、目の前で何が起きているのか、どういう現象なのか、一瞬のうちに判断し、判断したら次の瞬間に進むべき道を複数考え、長所短所の比較をし、即座に方針を決定できるようになる。

出典:赤羽雄二(2013)「ゼロ秒思考トレーニング」

どんな難しそうに見える問題があっても、一瞬でその現状を把握し、本質を見抜き、解決策を見出すことが出来るようになる。

判断が早くなることで、行動がどんどん早くなり、思考もまとまり、いろんなことがうまく回るようになる。

それを実際に鍛えるためのトレーニングが、ゼロ秒思考の「A4メモ書き」。

「メモ書き」は、こわばった頭をほぐす格好の柔軟体操であり、頭を鍛える手軽な練習方法だ。

頭に浮かぶ疑問、アイデアを即座に書き留める、頭がどんどん動くようになり、気持ちも整理されるようになる。自意識にとらわれ悩むことがなくなっていく。

「メモ書き」により、誰でも、この境地にかなり早く到達できる。自分でも驚くほど頭の回転が速くなる。

具体的には、A4用紙を横置きにし、1件1ページで、1ページに4-6行、各行20字-30字、1ページを1分以内、毎日10ページ書く。したがって、毎日10分だけメモを書く。

出典:赤羽雄二(2013)「ゼロ秒思考トレーニング」

というわけで、頭の回転を速くする+ブログの毎日更新を両立出来る「ゼロ秒トレーニング」。

継続チャレンジ中。

ゼロ秒トレーニングと本日の感想

なんか、ホントにゼロから考えて、自分の中のモチベーションというか、根底の部分を見直すことになりました。

これって本当に大切ですよね。結局男って夢に生きているようなもんですから。

それをたいていの人は誤魔化して生きているだけ。自分に言い訳して生きているだけ。

それに気づいたので最近はちょっと行動出来るようになりました。

時間は少ない!自分の子供たちにはもっと時間がある!教えてあげなければw

しかし、成功していない人間の言葉には重みがないので、まずは自分がお手本を見せるべきですねw

頑張りましょう。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました