ゴンチャ(ららぽーと名古屋)で一番おすすめのブラックミルクティー飲んできた!混雑状況がやばい…

タピオカ
スポンサーリンク

ららぽーと名古屋みなとアルクス…やっと行ってきましたよ!

ずっと行きたかったのですが、その中でもお目当ての一つ。

ゴンチャららぽーと名古屋みなとアルクス店。

「マツコの不思議な世界」で紹介されて気になっていたので早速行ってみます。

ゴンチャ(ららぽーと名古屋)の混雑状況は?

着いたのは10時半ごろ。日曜日です。

その時は、あまり並んでいないと錯覚していたのです。…

お昼を食べた後でゆっくり飲もうかなーと思い、再度店に着いたのが2時頃だったのですが…

「あれ?店の前の行列が最後尾じゃなくね?…」

そうなんです。ざっと店の前の列が20人ほど。

そこから通路を挟んで、フードコートを通り過ぎて、ららぽーとの出入り口付近まで行列が続いており…そこが最後尾だったのです!

ざっと数えただけでも、およそ40~50人は並んでる感じ…

行列の整理担当のお姉さんがメニューを持ってきてくれたのですが、待ち時間を聞くと…

「およそ2時間ほどお時間を頂いております…」

あっオワタ…と思いましたが、粘りましたよ!

「もうあっちで売っている炭酸水でいいや…」

と不穏な言葉を発している嫁をなだめながら、待つこと50分。

ようやく、注文カウンターまでたどり着きました!

人の流れを見る限りでは、そんなにかからないと予想していたので、ラッキーでした。(それでも普通はこんな時間かけて並ばないですけどね(;^_^A)

ゴンチャの頼み方とは?

ようやく注文までたどり着いたわけですが、初心者あるある…頼み方がイマイチわからない…

というか、メニューで大体の注文の仕方は分かるのですが、

・ベースのお茶はどれがいいのか?

・サイズはどれを選べばいいのか?

・トッピングは料金別はわかるが、どれがおすすめなのか?

疑問が尽きないのですが、とりあえず一つずつ解説してみると…

最初にベースティーを選ぶ。ベースティーは4種類。

ゴンチャのベースティーは4種類。

・ジャスミングリーンティー…すっきり緑茶。ほのかな渋みがあり、ベースとなる味。ジャスミンの香りがいい感じ。

・ウーロンティー…青茶と呼ばれるお馴染みのウーロン茶。

・ブラックティー…緑茶やウーロンよりさらに発酵させた深い味。日本で言う紅茶。ミルクティーとの相性が最高。

・阿里山ウーロンティー…専用の茶葉を使ったウーロンティー。緑茶に限りなく近いが、にごりがなくすっきりとした黄金色のお茶。香りが良い。

阿里山ウーロンティーのみ+50円とお高め。

今回はミルクティーに合う「ブラックティー」を選択。

2番目にドリンクの種類を選ぶ

ドリンクの種類を選びます。種類は

・オリジナル…なにも足さない。ベースティーで選んだお茶4種類の事。

・ゴンチャスペシャル…ベースティーにミルクフォームを追加。

・ミルクティー…定番のミルクティー。ベースティーの4種類以外に「ハニー」「チョコレート」「タロ」も選択可能。

・ティーエード…阿里山ティーをベースに「マンゴー」「ピーチ」「パッションフルーツ」が選べる。

・ジュース…「ハニーグレープフルーツ」「ハニーレモン」「マンゴー」「ブラックフォレスト(グラスジェリードリンク)」の4種類。

・スムージー…「ウーロンミルクティー」「チョコレート」「マンゴー」の三種類。

この6種類。店によっては限定のジュースも展開している模様。

僕は定番の「ミルクティー」を選択。

私は少しずらして「ハニーミルクティー」。

3番目に「サイズ」を選ぶ

サイズは

Sサイズ「360ml」→だいたい缶ジュース一本の大きさ

Mサイズ「470ml」→約500mlペットボトルの大きさ

Lサイズ「650ml」→スタバの1番大きなサイズ(ベンティー。590ml)よりも容量多いです。

の3種類。

美味しいって評判だから、Lサイズ頼んじゃお。

(また後先考えずに…)私は無難なMサイズ。

4番目に「甘さ」を選ぶ

ゼロ、少なめ、ふつう、多め

の4段階あります。

今回、私はサイズがLなので、くどくならないよう「少なめ」を選択。

嫁は「ふつう」を選びましたが、ほとんど差が感じられませんでした。

「ふつう」でも、一般の飲料の微糖くらいに感じましたが…「ハニーミルクティー」にしたので、ハチミツの影響で甘さが少し感じにくかったのかもしれません。

甘党の方や、一般的な飲料の甘さを求めるなら「多め」の選択肢もありだと思います。

※本場台湾では「多め」のさらに上の甘さがあるとか。日本の店舗でも頼めば対応してくれるみたいです。

5番目に氷の量を選ぶ

こちらも

ゼロ、少なめ、ふつう、多めの4つ。

ゼロのみ、+70円。

値段が変わらないなら「少なめ」の方が量が増えてお得だよね!

…………私は「ふつう」で。

6番目に「トッピング」を選ぶ

最後に「トッピング」です。なんと1つのドリンクに3つも選ぶことが出来ます。

サイズによってトッピングの量も少し増えるようです。同じ+70円ならLサイズの方がお得w

種類は6つ。

「パール(タピオカ)」…定番ですね。てか、これを食べに来たようなものでは?甘みがついており噛むほど美味しい。大粒でもちもちです。

「ミルクフォーム」…コレ他の人の感想ではガチで美味しいみたいですね…塩気の効いたバター風味のクリームがミルクティーと相性バツグンだとか。次行ったら絶対頼もう。

「アロエ」…ほんのり甘め。いつもの食感。グリーンティーと合う。

「ナタデココ」…こちらもタピオカの次に甘いらしい。お茶の甘さ控えめで。こちらもかみごたえ抜群。

「バジルシード」…味はしない。プチプチの食感を楽しもう。

「グラスジェリー」…見た目コーヒーゼリーと思って飲むとだいぶ違うらしい。独特の味(ハーブ系)でしょっぱい苦い?みたいなので、他を甘く設定するとアクセントになるようです。

ゴンチャの飲み物のカロリーは?

カロリー…気になりますよね。

特に30代になってから、お腹のお肉が気になって…

……(カロリー気にしてる人はLサイズ頼まないよね…)

今回頼んだ「ブラックミルクティー」は「Lサイズ」甘さ「少なめ」で約206kcal。

こちらにトッピングのタピオカ(約173kcal)を足すと、合計379kcal。

どうやら「ハニーミルクティー」もカロリーは一緒のようです。

甘さが変わらないと思ったのもこのせい?

総合的な甘味の量は一緒のはずなので、「少なめ」と「ふつう」の甘さは違うはずなんですが…

※やはり甘さは「ハチミツ」を含めた総合的な甘さで決まるみたいです。ハチミツ感を味わいたいなら、甘さは「ふつう」か「多め」がオススメ!

ゴンチャの「ブラックミルクティー」「ブラックハニーミルクティー」の味は?

今回私は「ブラックミルクティー」、サイズL、甘さ少なめ、氷少なめ、タピオカ入りを注文。

嫁は「ブラックハニーミルクティー」、サイズM、甘さふつう、氷ふつう、タピオカ入り。

ブラックティーというだけあって、かなりの紅茶感。ほのかに渋みも感じられで、市販のミルクティーに比べると本格的な味わいでした。

自然なお茶で余分なものが入ってない感じ。

やはりLサイズ、甘さ少なめで正解でしたが、結果的にお腹ちゃぽんちゃぽん…

ちゃんと飲み切りましたよー

後、氷少なめでLサイズは冷え切らず、ちょっとぬるめになってしまいました(⌒-⌒; )

氷の量はふつうが良いですね…

予想通りの展開に嫁に呆れられてしまいましたが、毎日飲んでも飽きない味というのはわかる気がしました。

…しかし行列に並んでまで飲む意味があったかと言うと、正直微妙…家の近くに店舗が出来て、適正な時間で購入出来るのであれば、休日飲んでもいいかなーというレベルかな。

しかし、ミルクフォームの存在を知ってしまったので、是非近日中にチャレンジしたいところ。

…懲りないわね。

嫁の「ブラックハニーミルクティー」も、ハチミツの主張が結構強い。

レンゲハチミツの香りと味かな?

よりまろやかになります。

くどいのが嫌なら普通のブラックミルクティーが良いかも。

ゴンチャの「タピオカ」の味は?

主役のタピオカは真珠くらいの大きさで、かみごたえ抜群。

タピオカって芋系のデンプンを固めたものなんですね。

腹持ちが良く、一種のデザートといったところ。

ほのかに甘い味がついており、美味しかったです。

私はもうちょっと味がついていると良かったかも。

ゴンチャのミルクティー(二杯分)の値段は?

今回使った金額はこちら。

ある意味デザートを買ったとすれば安い方?なんでしょうか。

近場に店舗がないのが悔やまれる…

ゴンチャ様、是非岐阜にも店舗出店お願いします。

それではまた!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました