きめつのやいば 155話 アカザさんの過去編2 泣かせる展開と分かっていても泣ける…

ジャンプ
スポンサーリンク

いやね…薄々分かってたよ…こうなる事は(;o;)

前回の過去編で評価がうなぎのぼりのアカザさん。

師匠と恋雪のはアカザが鬼になる過程で死んでしまうのは想像できたけどまさか毒殺とは…

てか、剣術道場の奴らが本当に毒を持ったのだろうか?

預かり知らぬ所ではめられてそうなアカザさん…

てか、本当に救いが何一つも無い。が、心を打つ。

話の展開、流れ、過去編書かせたらピカイチだなあ。

鬼になって記憶がないまま生前の残念に縛られ続けた、哀れで滑稽でどうしようもなく下らない話…

真っ当に生きようとした人間には希望の光を当ててもらう事を望みます。

しかし、この幸せからドン底に突き落とされる感がヤバイね。

無残に鬼にされる所の

「もう、どうでもいい・・」

とか…

仲間になってくれないかなあ

コメント

タイトルとURLをコピーしました