女性が優しい男性好きっていう本当の意味とは?モテない優しさとモテる優しさ

スポンサーリンク

優しい人がモテるって本当?

「男性のタイプは優しい人!」

この言葉、男性なら必ず聞いたことありますよね(⌒-⌒; )

優しければ女性が振り向いてくれる!と頑張った結果、逆に引かれてしまったり、素っ気なくされた事ってありませんか?

実はその「優しさ」間違っているかもしれません。女性が本当に求めている優しさとは何なのでしょうか?

優しい人がタイプというのは女の嘘?

優しくしたあげく、冷たくあしらわれてしまった男性は

「結局、優しい人がタイプってのは建前で、本音はお金がある人やイケメンが好きなんでしょ!」

と結論づけたくなるのは分からなくもないです(⌒-⌒; )

しかし、待ってください。

実は女性は本当に優しい人が好きなんです。

世の男性の大半は女性に対する「優しさ」を履き違えている為に、本当の信頼をもらえてないだけだということに気づいていません。

多くの男性が間違いがちな「媚びる優しさ」とは?

自分の気になる女性に「優しく」したつもりなのに、つれない態度になってしまうのは何故なのでしょうか?

それは一言で言うと

「媚びた優しさ」

と言われる言動をしているからだと思われます。

私も勘違いしがちで反省する点が多々あるのですが、気のある女性にしてしまいがちな言動として、善悪関係なく全てを許してしまう事ってないでしょうか?

そしてそれが優しさだと、普通の男性なら思うのでしょうが、それが逆効果になっている事が往々にしてあります。

例えば

・さして重くもない荷物も「持ってあげるよ!」と率先して待つ。

・待ち合わせの時間に遅れても「いいよ!いいよ!」と笑って許す。

・一緒に買い物する時「何でも買ってあげるよ!」と言って好きなものを自由に買わせてあげる。

・女性の話を聞いている時、しきりに相槌を打ち、必死に共感しようとする。(聞き手に回り、共感する事は決して悪いことではなく、むしろ女性と仲良くなる為には必須のスキルです。ここでは明らかに不自然な必死さ、下心が見えるほどのわざとらしさを指します。)

などが、当たります。

自分も含め心当たりはないでしょうか(⌒-⌒; )

女性が求めている本当の「優しさ」とは?

女性が求める本当の優しさとはなんなのでしょうか?

これは男性には少し理解しづらいところがあるのですが、例えるなら

「自分の妹に対して接する態度」

といったところでしょうか?

兄妹がいない方には想像して頂くしかないですが、要は

「性の対象としては見ていないけれど、唯一無二の大切な異性」

として接しているかどうかだと思います。

これ、短く言いましたが男にはとても難しい事なんですよね。

何故ならこの記事を読んでくれた人はほぼ

「女性にもてたい!」

と思って読んでくれていると思うからです。

気になる女性を性の対象とするなって、それは無理じゃないか!…

と思われると思いますが、考え方を変えてみましょう。

可愛い、綺麗な女性は男が思っている以上に、大切に扱われています。

少しでも重たい物を持てばすぐに誰か手伝ってもらえますし、ちょっと困ったそぶりをすれば、優しく相談に乗ってもらえます。

そして、そんな女性ほど、性の対象として見られていない、本当に自分のことを大切に思ってくれていると言う感情に弱いんです。

逆に言うとこれはある意味だまされやすいって言うことにもなりがちなんですが、よくDVをする男になぜこんな美人がつかまっているのかと思ったことありませんか?

俺もその理屈が通ると思います。

「俺について来い!」

と言う言葉に男らしさを感じてついていってしまったが、エスカレートして「お前俺の言うことだけを聞いていればいいんだ!」となってしまったパターン。

逆に言うと、あまり人に喋りかけたりコミニケーションをとるのが苦手な美人は、男性なれしていないケースが多いので逆に狙い目と言う事ですね。

積極的に話しかけることであなたは周りの男性から1歩抜きんでた存在となります。

ポイントはあくまで、下心を出さず(たとえあったとしても表に出さず)対等に人として相手と渡り合うことです。

ちなみに地位権力が上だからといってそれを女性に押し付けるような行動、態度は概ね逆効果です。

女性は本当にその男性のレベル、本質を見抜くのがうまい。あくまで素の自分(もちろん自信を持った状態)で女性とコミニケーションをとるようにしましょう。

薄っぺらな見栄などすぐにばれてしまいます。まぁ、あえてそれをわかった上で利用している女性もいますが(⌒-⌒; )

本当にあなたが心から気遣ってくれる言葉をつたえれば、その言葉の本質に必ず気付くはずです。

まずは一旦気になる女性がいたら性の対象として見ることから外してみましょう。

そして部下なのか同僚なのか、はたまた上司なのか、ケースバイケースですが、1人の人間としてダメなことはダメ、良い事は素直に褒める。

あくまで女性として接するということだけは頭の念頭に置いておくようにしてください。

総合的な人間力が試されますが本当に信頼されるためには避けては通れない道です。

お互いがんばりましょう。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました